読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫の魔法

主にruby系の技術メモを記載

個人的メモ:Rails AntiPatterns(15)

CHAPTER 8 Scaling and Deploying

AntiPattern: Sluggish SQL

Solution: Reassess Your Domain Model

  • 高度に正規化されたテーブルはテーブル間の結合によってパフォーマンスの問題を起こしやすい。
  • 単純に結合させるのではなく必要な要素をrails側で取得するようにするとパフォーマンスを改善する事が出来る。
    • ★UserがPrefとCityと関連がある場合、下記のように取る事で負荷が減らせる場合がある。
search_pref = Pref.find_by_name('Kanagawa') 
search_city = City.find_by_name('Yokohama')
User.where(pref: search_pref,city: search_city)
  • 大きなサイズのテーブルになる事が分かっているなら、テーブル自体非正規化した方がパフォーマンスを向上出来る。

AntiPattern:Painful Performanceの前まで読了。

関連

個人的メモ:Rails AntiPatterns(一覧) - 猫の魔法